施術情報
KMHJAPAN
歯科
顎関節
顎間接症は子供から大人まで誰にでも起こりうる症状であり、顎間接の痛みはもちろん耳の痛みやめまいなどの症状を起こす場合もあります。顎間接は主に柔らかいものばかり食べたり、顎を付く癖や大きく閉口するあくびなどの生活習慣が原因と言われています。このような症状が出た場合は必ず歯科で顎関節用のマウスピースを作ってもらいましょう。KMHが紹介する歯科では間接症で悩む患者さんもたくさんお越しになっています。顎が開きにくい、痛いなどの症状がある方は迷わず歯科へ行きましょう。

顎関節

口を開けたり閉めたり、下顎を左右に動かす時、 顎が上下左右に動きますが、これは人体の下顎に二つの関節が頭の骨と連結しているため可能な動きなのです。このような間接を顎関節(TMJ)と言います。この顎関節が正しい位置になかったり、病症が生じて障害が発生したりすると顎関節症が生じます。

適応症

  • 上顎と下顎の深く噛み合わせると痛みを感じる場合
  • あくびや口を開ける時、また硬い食べ物を噛む時に痛みを感じる場合
  • 下顎が上顎に対して後方に位置し、顎関節に異常を感じる場合
  • 顔が非対称で顎関節の疼痛や異常症状がある場合
  • 口がうまく開けられず、顎関節に異常がある場合
  • 顎辺りの筋肉に硬直や突っ張るような感じがする場合
  • 顎が外れたことがあるなど、緩んだ感じがする場合
  • 朝起きた時、顎部位が突っ張るような痛みがある場合
  • 眼、耳、頭、呼吸器に痛みを感じる場合

施術種類

問題になる原因を解決し、関節及び周辺組職に加えられるストレスをとり除いて、顎関節を解剖学的部分だけではなく、機能的に正常化させる治療が必要です。施術では、手術的方法と非手術的方法があります。

手術的治療

【顎矯正手術】

顎矯正手術とは、矯正医が矯正治療を通じて歯を適切に位置させた後、口腔顎顔面外科医の手術を 通じて一方あるいは上,下の顎骨を正しい位置に移動させる手術治療です。顎関節の障害の程度がひどい場合、損傷された部分を抜き取るか、切除するなどの手術的治療が必要です。

適応症

  • 顔面非対称
  • 短い顎
  • 杓子顎
  • 長い顔
  • 短い顔

代表的な手術

【両顎手術】

二つの顎を手術するという意味。顔面非対称、杓子顎、突出した口、短い顎など不正咬合を伴う顎変形を治療する ため、上下の顎を同時に移動させて再位置にする顎手術。この手術は歯科の口腔顎顔面外科(口腔外科)で顎の異常を改善するため施術する手 術治療方法で、代表的な 顎矯正手術です。両顎手術の治療計画は手術だけではなく、手術前後の矯正治療も含みます。場合によって手術する前に矯正治療をする場合と手術前・後に矯正をする場合があります。

非手術的治療

【薬物療法】

鎮痛剤、筋弛緩剤、抗不安剤、鎭静剤、抗憂鬱剤などを使って関節部の筋肉の緊張緩和をはかり、患者の症状を緩和させる療法。

【理学療法及び運動療法】

温湿布、冷湿布、超音波治療、神経刺激、針刺激、運動療法などを実施し、筋肉を弛緩させて、疼痛を調節して顎の運動範囲を 正常的に改善させる療法。
※頭、首、肩筋肉を弛緩させるための運動を普段実施すると、症状の改善に役に立ちます。

【咬合安定装置(スプリント)】

スプリントは異常位置にある顎関節の位置や形態を正しくし、顎関節の過負荷を防止する目的で口腔内に装着する仮綴式(自由に口に入れたり外したりすることができる式)装置です。
※開口障害、痛み、筋肉緊張などに効果的に作用し、適切に管理すると長期間使用が可能です。 (但し、歯並びの変化が無い場合)

【ボトックス療法】

顎関節障害の原因になる歯軋りや食いしばりを治療するとき、咬合安定装置と共に使用し、エラ張りを矯正するなど美容的な効果も優れています。

【矯正治療】

顎矯正手術の治療前や後に実施し、不正咬合による顎疾患は矯正治療を行って症状を弛緩させることができます。

【ボトックス療法】

顎関節障害の原因になる歯軋りや食いしばりを治療するとき、咬合安定装置と共に使用し、エラ張りを矯正するなど美容的な効果も優れています。

【矯正治療】

顎矯正手術の治療前や後に実施し、不正咬合による顎疾患は矯正治療を行って症状を弛緩させることができます。

【顎関節障害の予防】
  • 普段、硬い食べ物は控えた方がいいです。
  • 十分な準備運動なしに口を大きく開けることを控えてください。
  • あごを休むようにした方が良いです。
  • できるだけストレス要因を自らとり除くのが重要です。
  • 顎関節運動を施行すると良いです。
  • 片方で噛む習慣は顎関節だけでなく全体的な顔姿を変形させるので控えてください。
  • 普段、正しい姿勢と正しい生活習慣を身につけるように努力するのが重要です

KMHからの顎関節 Tip

初期の顎疾患の場合、ドクターの診療なしに充分な休息と簡単な注意事項だけでも症状の改善を得られますが、初期だけ効果が あるので症状が長続きするとか緩和されない場合には専門医と相談されることをおすすめします。口腔内装置物(スプリント)や歯の矯正治療を伴う顎関節矯正をするともっと良い結果を得られます。顎関節の症状が酷くなると、全身症状で症状が出る恐れがありますので、症状が悪化する前に治療することをおすすめします。

Back to Top

  • 292**** その他相談 [ 相談進行中 ]
  • その他相談 [ 相談進行中 ]
  • yay*********************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • yay*********************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • yay*********************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • yay*********************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • exo***** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • Yos********************* 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • rrr******************* 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • est****************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
最近7日間の相談件数 : 164
Copyright (c) 2014 Korea Medical Hub. All Right Reserved.
KMH(koreamedicalhub)は韓国国内の有能なクリニック情報を提供し韓国医療観光を推進する唯一のグローバルポータルサイトです。
KMHはクリニックが提供する情報とコンテンツ及びイメージに対する著作権に関して一切責任を負いません。