施術情報
KMHJAPAN
腫瘍外科
肺癌

肺癌

肺癌とは、肺および気管支に発生する悪性腫瘍を意味します。 他の癌と同じく、一度発発症すると周囲組織を破壊しながら成長し生命を脅かします。肺癌は、顕微鏡的に癌細胞の大きさと形態により、非小細胞肺癌と小細胞肺癌に区分されます。

肺癌を治療の方向性から見た区分

  ① 非小細胞肺癌  

早期に発見された癌で、手術をすることで完治が期待できます。

  ② 扁平上皮細胞癌腫  

主に肺の中心部に発症します。男性に多く見られ、喫煙との関連が高いです。

肺癌の種類

【腺癌腫】

肺末梢部位で主に発生し、女性やタバコを吸わない人にも見られるケースです。あまり大きくなくても、移転している場合が多いです。

【大細胞癌腫】

肺表面の近く(肺末梢)に主に見られ、半分以上が大きな気管支に発症します。細胞のサイズが大きく、その中の一部は早くに増殖・転移する傾向があり、他の非小細胞癌に比べて病後の経過が悪いです。

【小細胞肺癌腫】

初めは主に気道(気管支や世気管支)に発病します。 全般的に悪性度が強く、発見された時点でリンパ管や血液循環を通じて他の臓器や反対側の肺、 縦隔などに転移していることが多く、大部分が手術的切除が難しいほど進行していることがほとんどです。

原因と誘発要因

慢性閉鎖性肺疾患、結核、硅肺症などと同じ肺疾患、喫煙、間接喫煙、環境汚染、 石綿、放射線、遺伝的要因など

症状

肺の内部には神経がないため、初期の肺癌は目立った症状がありません。 重要なのは、肺癌の前兆が風邪をはじめとする大部分の呼吸器疾患の症状と似ているという点であり、咳や痰が2~3週間以上続いた場合、専門医の診察を受けることをお勧めします。

  • 慢性咳: 咳が3週間以上持続する場合、医師の診察および精密検査が必要。
  • 血の混ざった痰、あるいは喀血
  • 呼吸困難
  • 胸痛
  • かすれ声 - むくみ

肺癌の場所が心臓と連結している上大静脈周囲に位置する場合、この血管を圧迫し顔や腕、胸部位がはれることがある。

  • 骨の痛みと骨折ー肺癌が骨に移転した場合、骨に痛みがあったり、特別な外傷がなくても骨折することがある。
  • リンパ腺腫大ー喉の周囲のリンパ腺が大きくなり、触れても分かるほどになる。
  • 体重減少、食欲減退、無気力さ、むかつき、嘔吐、頭痛

診断

【胸部X線検査】

最も基本的な検査で、簡単に肺にこぶができたのか可否を判断できます。

【胸部コンピューター断層撮影(CT撮影)】
【喀痰性細胞検査】

痰に混ざった細胞の中から癌細胞を探し出す検査法です。

【気管支内視鏡検査】

内視鏡を気管支に入れ、主気管支と3~4回さらに分かれた気管支を 直接観察し、確認できた癌を1~2mmの大きさの組織検査ピンセットで引き離して検査する方法です。

【経皮的微細針吸引細胞検査】

局所麻酔をした後、皮膚を通じて肺癌に針を刺し、肺癌の組織や細胞の組織検査を行うことにより、実際に肺癌有無を判明して出すことができる検査です。

【胸腔鏡】

内視鏡装置を利用し、小さい傷だけで胸廓内部を観察したり組織検査または手術ができる装置をいいます。

【病期判定のための追加検査】

肺癌と診断された患者に対し、治療を始める前に病期判定のために追加で施行する検査は次の通りです。

  • 全身骨スキャン
  • 脳磁気共鳴映像(MRI)
  • 胸部磁気共鳴映像(MRI)
  • 全身陽電子放射断層撮影(PET)
  • 縦隔内視鏡

治療

【放射線治療】

高エネルギーの放射線を利用し、癌細胞を破壊してこれら細胞の成長を抑制させる治療方法です。

【坑癌化学療法】

癌を治療するために細胞が成長する周期に合わせ抗癌剤を投与し癌の成長や増殖を止めるために癌細胞を破壊する治療法です。

【標的治療剤】

上皮成長因子受容体(epidermal growth factor receptor)(EGFR)を抑制し、癌細胞の成長を遅らせる薬品を利用した治療法です。

手術

  • 全肺切除術:肩方の肺全体を切除する手術法で、肺癌が一方の肺全体に広まっていると考えられる時施行します。
  • 肺葉切除術:肺にある肺葉を除去する手術法で、癌腫の肺葉に限定されている場合に施行します。
  • 袖状切除術:肺の中央部に癌がある場合、癌に隣接した気管支だけを切り出して癌と関係ない肺葉をその場所に付ける手術法で、肺そのものを保存する効果が高いです。
  • 楔状切除術:非常に小さい部分にある癌腫を除去する手術法で初期の肺癌や狭い部分にだけ癌がある時に施行します。

注意事項

  • 禁煙は最も効果的で、重要な予防法です。
  • 坑癌化学療法中には歯科治療を受診することができなため、治療前には歯科診察をあらかじめ受けるようにしてください。
  • 肺癌は食生活とは関連がありません。 よって食生活を変化させる必要はなく、 肺癌診断時に普段と同じような食事をされても問題はありません。
  • 肺切除術後は手術部位に空気と液体がたまり痛みを伴う可能性があります。これを予防するために、次のような管理を行ってください。
  • 規則的に短時間でも軽い運動をしましょう。
  • 軽い痛みは経口鎮痛剤や局所的な湿布薬や暖かいタオルで痛みを和らげてください。
  • 肺の機能活性化のため、継続的な深呼吸運動をしましょう。
  • 正しい体操や運動をしましょう。
  • 咳を誘発する刺激物質(公害、ホコリ、ヘアスプレー、刺激性の強い香りなど)はお避けください。
  • 公共の場所では、可能な限り禁煙区域を利用すること。
  • 坑癌治療や手術後の副作用への対処方法を知るために、医療スタッフとの相談が必須です。
  • 癌診断、治療、治療からの副作用などの段階に至るまで、癌患者の感情には起伏の変動が起こります。感情的変化と
  • 精神的ストレスの管理のため、必要時には専門的なフォローを受けられるよう関連情報を熟知しておきましょう。

Back to Top

  • 292**** その他相談 [ 相談進行中 ]
  • その他相談 [ 相談進行中 ]
  • yay*********************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • yay*********************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • yay*********************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • yay*********************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • exo***** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • Yos********************* 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • rrr******************* 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • est****************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
最近7日間の相談件数 : 164
Copyright (c) 2014 Korea Medical Hub. All Right Reserved.
KMH(koreamedicalhub)は韓国国内の有能なクリニック情報を提供し韓国医療観光を推進する唯一のグローバルポータルサイトです。
KMHはクリニックが提供する情報とコンテンツ及びイメージに対する著作権に関して一切責任を負いません。