施術情報
KMHJAPAN
耳鼻咽喉科
鼻疾患クリニック

鼻疾患クリニック

鼻は呼吸を通じて入る空気を浄化する機能を果たすが、アレルギー性鼻炎、副鼻腔炎、鼻中隔湾曲症などの鼻疾患が発生すると、鼻がつまって口で呼吸することになる。口腔呼吸は空気中のほこり、細菌、ウイルスなどが濾過されずに喉を通じて気管支に直接入るため、咽頭炎、喉頭炎、気管支炎などのような疾病を起こす。そのため鼻疾患は必ず治療を受けなければならない。

【アレルギー性鼻炎】

アレルギー性鼻炎は、免疫グロブリン-Eにより媒介され過敏反応により表れる鼻粘膜の疾患である。アレルギー症状は、人の体の免疫体系が外部抗原に対して反応する過程中に表れる。アレルギー性鼻炎、喘息、アトピーなどがアレルギー反応により発生する疾患である。アレルギー性鼻炎はほとんど反復的なくしゃみ、痒さ、水様性鼻漏、鼻づまりなどを同伴する。

アレルギー性鼻炎の種類

【季節性アレルギー鼻炎】

季節性鼻炎の原因は花粉である。春には松、ポプラなどの樹木花粉が主な原因となり、夏には芝生、秋にはヨモギ、雑草などの花粉が空気中に飛び散って症状を起きやすくする。

【通年性アレルギー鼻炎】

季節に関わらず1年中症状があらわれる鼻炎をいう。主な原因はハウスダスト、ダニで通年性アレルギー患者80%が陽性反応をあらわしている。また、動物の毛や分泌物、食べ物、薬、カビ, ゴキブリなども原因になる。

【過敏性アレルギー鼻炎】

常に気象変化によったり、冷たく暖かい空気を吸ったり、喫煙、花粉、化粧品、各種ガス、 動物性蛋白質(肉類、卵、牛乳、魚介類)などの刺激に敏感反応を起こし、急に連続的に咳をして、同時に清い鼻水が出る症状をいう。

治療方法

韓方治療とは・・・

韓方医学では、鼻は肺に属すといい、アレルギー性鼻炎の原因を肺機能の悪化として規定している。そのため、韓方治療は鼻ではない肺の治療が必要である。肺を丈夫にすることにより冷たい空気、乾燥した空気、濁った空気にも耐える抵抗力を高めると、鼻の症状も緩和される。

【韓方薬療法】

肺と気管支の抵抗力を高めて呼吸器の免疫機能を強化する処方で鼻疾患の根本的な原因を治療する。

【粘膜針術】

先端内視鏡装置を通じて、病んでいる部位の位置と大きさ、そして状態を正確に見ながら粘膜に針を直接入れる施術である。

【伝統針灸治療】

韓方医学の伝統的な治療法を基に、肺経と大腸経の経穴を刺激する治療法である。

適応症

慢性副鼻腔炎、鼻茸(鼻ポリープ)、粘液嚢胞後鼻腔腫瘍、鼻内異物除去、顔面周囲膿瘍、真菌性副鼻腔炎、脳脊髄液鼻漏

手術方法

皮膚を切開せずに鼻腔を通じて手術が行われる。鼻の中を局所麻酔した後、細い内視鏡を入れて鼻の隅々を見ながら膿が再び満ちらないように塞がった部位を広げて、問題がある部位のみを取り除く。手術時間は30-40分ほどかかり非切開手術方法で施術されるため手術後の痛みは少ない。

鼻中隔湾曲症とは、鼻腔を左右に分ける鼻中隔軟骨が曲がった症状をいいます。先天的に鼻中隔軟骨が曲がった場合や、激しい運動や交通事故などの外傷により曲がる場合もあります。鼻中隔軟骨の湾曲がひどい場合は片方の鼻腔の幅が非常に狭くて呼吸が困難になり、鼻炎や蓄膿症のような鼻疾患が発生することになります。また、鼻を通じて脳に送られた酸素量が非常に減少して集中力に悪影響を与え、 記憶力低下をはじめとして頭痛など2次的な疾病も発生することがあります。鼻中隔湾曲症を解決するには鼻中隔を矯正する治療が必ず必要であります。

適応症

  • 鼻中隔湾曲症の患者
  • 鼻中隔と鼻骨がともに曲がった患者

手術方法

激しく曲がった鼻中隔の場合、鼻中隔軟骨を露出させ、完全に取り除いたり、曲がった状態が軽い場合、きずをつけて位置を正しくする。この時、鼻骨も曲がっている場合、元の位置に復元することがポイントである。曲がった鼻中隔軟骨と曲がった鼻骨、どちらでも改善されない場合、まっすぐに広げた部位が再び曲がることになる。手術後の状態により若干曲がった状態を残すこともあるが、この場合、プロテーゼをその上に挿入すると曲がった形を隠すことができる。

【いびき手術】

いびきをかくと体が緊張状態に陥り、血中に酸素の供給が少なくなる。そのため、心臓に酸素を円滑に供給するため、より多くのポンピングが必要であり、血圧や心臓拍動に異常をもたらすことになる。また、睡眠中に呼吸が止まる睡眠無呼吸症が発生することもあり、高血圧や心臓麻痺まで発生する可能性があり、いびき現象は治療することをおすすめする。

適応症

  • いびき患者
  • 気道が塞がる閉鎖性の睡眠無呼吸症患者

治療方法

「いびき」は気道が塞がったり狭くなって発生するもので、気道を拡張する治療が必要で、その方法では手術、陽圧治療器、気道拡張装置がある。手術は気道の入り口の軟組織を取り除いたり、顎の骨を動かせて気道を広げる方法である。陽圧治療器は、空気ポンプが付いたCPAPという機械を利用して気道に空気を注入して気道が狭くならないように圧力を維持する方法で、治療効果は適応だけうまくいけば一番良い方法である。

KMHからの鼻疾患クリニックTIP

【鼻を健康にする習慣】
  • 室内に散らばっているほこりは鼻の粘膜を刺激するためカーペットを敷いて生活することは控え、家の中、事務所の室内空気を常に浄化させる
  • 鼻の中の粘液が乾かないように、室内を乾燥させずに適正湿度を維持する。
  • 理想的な室内温度は18~22度で、湿度は45~60%である。
  • 鼻に直接的な刺激を与えない。鼻を強くかかずに、鼻をこすったり触る行為も注意する。
  • 人が多い場所ではマスクを着用する。
  • 鼻疾患をもたらす風邪は、人と人の間の呼吸を通じて伝わるためマスク利用が効果的である。
  • 鼻の中の粘膜層の健康を維持するため、鼻を洗浄する習慣を持つ。
  • 鼻の洗浄は鼻の中の不純物を取り除き、鼻を冷却させて炎症を鎮める役割を果たす。
  • 最も簡単な洗浄方法は食塩水を使用する方法である。
  • 冷たい物とお酒は体を冷やし、免疫機能を低下させ鼻空を塞ぐことになるのでお控えください。

Back to Top

  • 292**** その他相談 [ 相談進行中 ]
  • その他相談 [ 相談進行中 ]
  • yay*********************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • yay*********************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • yay*********************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • yay*********************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • exo***** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • Yos********************* 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • rrr******************* 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • est****************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
最近7日間の相談件数 : 164
Copyright (c) 2014 Korea Medical Hub. All Right Reserved.
KMH(koreamedicalhub)は韓国国内の有能なクリニック情報を提供し韓国医療観光を推進する唯一のグローバルポータルサイトです。
KMHはクリニックが提供する情報とコンテンツ及びイメージに対する著作権に関して一切責任を負いません。