施術情報
KMHJAPAN
心血管障害センター
虚血性心疾患

虚血性心疾患

私たちの体の各臓器は心臓のポンプによって適切な血液が供給され栄養分と酸素を得ていますが、このときの心臓に血液を供給する血管を冠状動脈といいます。虚血性心疾患はこのような冠状動脈が動脈硬化症、血栓症、血管の萎縮及び攣縮などの原因によって狭くなったり詰まって心臓筋肉に十分な血液供給が成されない時に発生する疾患です。臨床的に血流供給障害による狭心症と心臓への血流が完全に遮断されて発生する心筋突然死を含みます。

  • 狭心症:安定性狭心症、不安定性狭心症、異型狭心症
  • 心筋梗塞症
  • 心臓突然死

原因並びに誘発要因

心臓血管の動脈硬化症が主原因で高齢、喫煙、高血圧、糖尿病、家族歴、肥満などの危険要素に露出時。

症状

  ① 胸痛  

大部分の急性痛症または運動や活動時に表れ、胸の中央部位につかむような圧迫感、あるいは絞るような痛みで、歯、腕、首等に広がるのが最も典型的です。 狭心症の場合、およそ2~3分以内に消えて、10分以上持続すると心筋梗塞症の可能性があるので、直ちにお近くの病院の救急室に行かなければなりません。

  ② 呼吸困難  

胸痛時に伴うことが多く、激しい運動や感情的なストレスを受けるときに誘発することが多く休息時に誘発する場合もあります。

  ③ めまい、失神、冷や汗  

まれに症状なしに心筋梗塞症が起きることがあります。

診断

【心電図】

皮膚に付着した電極を通じて心臓の電気的活性度を記録する検査で、x-ray検査とともに心臓病の診断と、特に心搏動が不規則な不整脈の診断に必須の検査です。

【運動負荷検査】

トレッドミルや自転車エルゴメーターを利用して、運動中発生する心臓の異常反応と機能的運動能力を評価する検査です。

【心超音波】

人体に有害でない超音波を利用して心臓の構造と機能を観察、さまざまな心臓疾患や構造的異常などが分かる検査です。

【核医学検査】

心臓を安全に特殊撮影して心臓疾患を診断し、心臓機能と血流状態を正確に評価する検査。

【冠状動脈CT検査】

X線を人体に透過させてその吸収差をコンピュータで再構成し、人体の断面映像(Cross-Sectional Image)や3次元的な映像(3-dimensional Image)を得る映像診断で、連続的に運動する心臓機能および冠状動脈異常有無を観察する検査です。

【冠状動脈造影術】

冠状動脈に造影剤を注入し、冠状動脈に造影剤が通過するのをX線で撮影して、狭くなった冠状動脈を検査する最も正確な検査です。

冠状動脈仲裁術

【経皮的冠状動脈形成術】

風船がつけられた管を動脈血観に挿入し、これを心臓の冠状動脈まで進入させて心臓の冠状動脈まで進入させて狭窄部位に挿入し、風船を膨張させることにより狭窄状態を解消させる手術

【ステント挿入術】

経皮的冠状動脈形成術で狭くなった血管を拡張させてステントを挿入し、再狭窄を防ぐための支持台を入れる手術

【回転粥狀斑切除術】

カテーテルの先にダイヤモンドの刃がついており、これを利用して狭くなった血管を削り広げる手術

【方向性冠動脈粥腫切除術】

粥狀斑をかんなのように往復しながら狭窄部を削ぎとる手術

手術

【心筋レーザー】

末期狭心症患者を対象にレーザーを利用して心室壁に穴を空け、心臓筋肉での血液供給を増加させる治療法。

【冠状動脈迂迴路術】

狭くなったり、詰まったりした血管により血液供給が減少した心筋に、他の血管を利用した迂回道路を作って血流供給を円滑にする手術。

注意事項

  • 冠状動脈疾患者は休息と運動を適切に施行して、胸部の不快感や呼吸困難、疲労を感じない範囲内で活動するようにします。
  • 情緒的ストレスを受ける状況を避けます。
  • 脂肪による体重超過の場合、心臓に無理を与えることになり悪化要因となるので、体重調節をしなければなりません。
  • 規則的な運動は心臓発作の予防において大変重要です。
  • 心臓への負担を減らすよう低塩食、低脂肪食にし、カフェイン過多摂取を制限します。
  • 喫煙は心搏数が増加し血圧を上昇させるため禁煙をします。
  • ニトログリセリンを常に持ち歩き、狭心痛が予想される活動時にあらかじめ服用してください。
  • 定期的な病院訪問で常に体の状態を検診し、その他疾患別治療関連注意事項を熟知しなければなりません。

※ ニトログリセリンの注意事項

  • 薬は茶色のガラス瓶に入れて蓋を必ず閉じる
  • 薬が体に直接つくことを避け、5ヶ月を過ぎた薬は捨てる
  • 不必要に薬の瓶を開かない
  • 新しい薬品は舌に入れた時、灼熱感がある。
  • 薬が溶ける時までつばを飲み込まないようにし、薬品の効果が残っているときまで座っている。
  • 薬の服用後3-4分が過ぎても痛みがあるときはご来院ください。

Back to Top

  • 292**** その他相談 [ 相談進行中 ]
  • その他相談 [ 相談進行中 ]
  • yay*********************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • yay*********************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • yay*********************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • yay*********************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • exo***** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • Yos********************* 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • rrr******************* 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • est****************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
最近7日間の相談件数 : 164
Copyright (c) 2014 Korea Medical Hub. All Right Reserved.
KMH(koreamedicalhub)は韓国国内の有能なクリニック情報を提供し韓国医療観光を推進する唯一のグローバルポータルサイトです。
KMHはクリニックが提供する情報とコンテンツ及びイメージに対する著作権に関して一切責任を負いません。