施術情報
KMHJAPAN
耳鼻咽喉科
難聴傷害クリニック

難聴障害クリニック

人は二つの方法で声を聞きます。一つは我々が一般的に知っている方法で外耳と中耳を通じて内耳に伝わる方法で、また他の方法は骨導聴力といい、声自体が頭骨を振動して、この振動が耳小骨や内耳に伝わる方法で声が伝わります。このような聴力に関する構造物に異常が発生した場合を聴力障害といいます。また、騒音の中で長時間勤務した時には難聴が、老人には老人性難聴が伴うこともあります。聴覚障害はおおよそ90%程が後天的原因により発生します。

韓国の耳鼻咽喉科は、このような難聴障害を改善するため、人工蝸牛移植術、鼓膜移植術、補聴器センターのような特化クリニックをおこなっています。

【人工蝸牛手術】

人工蝸牛手術とは、高度難聴患者の蝸牛に電子装置である人工蝸牛を挿入する手術をいいます。人工蝸牛は外部から入る声を電気的な刺激に変換して残っている聴神経を刺激できる電極で構成された器具で、電極と誘導コイルで構成された移植機器(体内機器)と音声処理装置(speach processor)、転送装置(transmitter)で成された体外機器で構成されています。 2006年の統計によると世界で約80,000人以上が移植手術を受けており、毎年手術を受ける患者の数は増加する傾向であります。

適応症

  • 生後12カ月から17歳 (脳膜炎患者の場合、12カ月以前に施行可能)
  • 両耳に補聴器なしで測定した聴力検査上、高度難聴の場合(90デシベル以上)
  • 補聴器を適切な期間に着用した後にも効果がない場合
  • 聴神経が正常に機能しており、聴覚と関連した大脳疾患がない場合

手術方法

手術前、インプラント場所の選定⇒内部インプラントを固定⇒蝸牛管の電極挿入形状

人工蝸牛移植術は、先に耳の後ろの皮膚を切開して側頭骨を露出させます。一般の中耳炎手術のように乳様突起を取り替えた後、移植器の電極が挿入される蝸牛の正円窓(中耳内壁の開口部)を露出させて移植器本体が入る部位を設けます。移植器本体を固定して電極を蝸牛内に挿入させます。移植器が正常に動作するのか簡単な検査をした後、切開した皮膚を縫い合わせます。

【鼓膜再生術】

鼓膜に穴が空いたものが鼓膜穿孔であります。外部の衝撃で鼓膜に直接損傷が発生したり中耳炎のため、中耳に急な気圧変化がある場合に発生することもあります。ひどい場合には内耳に障害が発生して深刻な難聴へと進むことがあり、筋膜や軟骨膜などを利用して鼓膜を再生させなければなりません。

適応症

乳様突起の病変を同伴しない鼓膜穿孔

手術方法

鼓膜再生術は筋膜や軟骨膜などを利用して鼓膜を再生する手術であります。部分麻酔で施術され、皮膚の切開なしで外耳道を通じて手術します。但し、外耳道がかなり狭い場合は耳の後ろの皮膚切開が必要であることもあります。再手術の場合、鼓膜移植材料の採取のため側頭筋膜が必要であることもあり、この場合、耳の上側の毛髪を部分的に刈ることもあります。

【補聴器クリニック】

補聴器は難聴者の耳に着用し、声を程よく増幅させて聴力を補完する最先端精密医療機器であります。難聴の種類と特性が様々であるため、補聴器の種類と特性も非常に多いです。従って、補聴器の着用前には必ず医師から正確な検査、相談、処方などを受けることが重要であります。

適応症

  • 軽・中・高度難聴
  • 伝音性、神経性、混合性など全ての難聴の種類

診療方法

聴力に障害があったり聴力に不便を感じる人が病院に訪問し、難聴に関する相談及び適合な補聴器の処方と評価を受けます。相談時間は普通30分- 50分ほどかかり、患者の難聴の種類と特性に対する説明と補聴器の形と種類に対する情報提供を受けます。韓国の病院で補聴器をオーダーする場合、耳の型をとって補聴器を注文し、次回の相談日に補聴器を着用した状態で適性検査を受けます。

KMHからの難聴傷害TIP

【聴力調査クリニック】
音痴検査
(tuning fork test)
音痴検査の種類は、Rinne Test、Weber Test、Bing Test、Schwabach Test があり、この検査は聴力損失の有無を選別し、聴力損失のある場合は伝音性なのか、感覚神経性の難聴であるのかを区分することで主に使われる。但し、この検査だけでは難聴のレベルまで正確に把握するには限界がある。
純音聴力検査
(Pure tone test)
純音聴力検査は、聴力計で様々な刺激音の周波数と強度を調節して患者のAir & bone conduction thresholdを測定する方法で、患者の聴力度を通じて難聴の種類とレベルを認知し、病変部位を推定することができる。患者は検査前に、聴力検査機器の調整を実施して患者のcase history及び耳鏡検査で、患者に対する本格的な情報を得ることが重要である。
語音聴力検査
◈ 語音聴取閾値
(SpeechReceptionThreshold)
◈ 語音探知閾値 (SpeechAwarenessThreshold)
◈ 語音認知度
(Word Recognition Score)
◈ 最適・不快レベル
(MCL, UCL)
日常生活での患者のコミュニケーション能力理解レベルを確認するために語音聴力検査を実施し、その種類は語音聴取閾値、語音探知閾値、語音認知度、最適レベル、不快レベルなどが含まれる。

◈ 語音聴取閾値
強強格の単語で空気伝導純音聴覚闘値のPTAとの一致可否を確認して、誤音認知度検査の基礎を提供する。

◈ 語音探知閾値
語音聴取閾値検査が不可能な場合、語音探知閾値を実施する。普通の語音聴取閾値より10dB良い。

◈ 語音認知度
PB wordの中で認知した単語数を%化して測定する。
患者が日常的に騒音がどれ程ある状況でコミュニケーションすることになり、検査時、常に遮蔽(masking)することをお勧めする。この検査は語音の理解能力だけではなく病変部位、コミュニケーションの障害程度、補聴器適合及び選択、言語治療計画で必要な情報を提供する。

◈ 最適・不快レベル
難聴者の病変部位推定や補聴器の選択及び適合時、有用な資料となる。
児童聴力検査
◈ BOA
(BehavioralObservationAudiometry)
◈ VRA
(Visual Reinforcement Audiometry)
◈ PA
(Play Audiometry)
◈ Multiple Method
児童が自ら聴覚刺激を聞いて反応が不可能な場合、次のような検査を通じて児童の主観的聴力評価を実施することができる。

◈ BOA
周辺の騒音が遮断されるsound boothから実施し、子供の検査する耳の8-10cm離れた距離から様々な刺激音を与えた後、子供の行動を観察して聴力を推し量る。

◈ VRA
普通、満5カ月-2歳の児童に、音の刺激による連鎖的視覚強化に慣れさせた後、音の刺激を与えてhead turnなどの反応を表すと、強化玩具を見せる原理で、周波数別測定が可能ではあるが、両耳の分離された測定が不可能な短所がある。

◈ PA
2歳-5歳の児童に様々な遊びを通じて測定する聴力検査方法で、遊びを同調するほど子供が成熟なのか、検査ができるように訓練されたのかが検査結果で大きな結果を与える。

◈ Multiple Method
上のVRAとPAを結合させて、児童の聴力を測定する検査方法で Multiple Methodも臨床で頻繁に使用されている。
その他、特殊検査 その他、難聴の原因及び情報に対して詳しく調査するため、次のような純音特殊検査を施行することがある。

感覚性難聴なのか評価するため、聴覚補充現象(recruitment)を確認しなければならないので純音を利用して直接的(ABLB、MLB)、または間接的(SISI, UCL)にこれを測定することができる。

神経性難聴であるのかを確認するため、音の減衰(Tone Decay)、聴力検査(Bekesy test)、聴神経反応検査(PI-PB function) などを通じて過度反応が起こるのかを確認する。

Stenger testほか、様々な検査を通じて難聴可否を確認する。耳鳴りがある難聴者である場合、Tinnitogram testを実施する。

Back to Top

  • 292**** その他相談 [ 相談進行中 ]
  • その他相談 [ 相談進行中 ]
  • yay*********************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • yay*********************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • yay*********************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • yay*********************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • exo***** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • Yos********************* 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • rrr******************* 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • est****************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
最近7日間の相談件数 : 164
Copyright (c) 2014 Korea Medical Hub. All Right Reserved.
KMH(koreamedicalhub)は韓国国内の有能なクリニック情報を提供し韓国医療観光を推進する唯一のグローバルポータルサイトです。
KMHはクリニックが提供する情報とコンテンツ及びイメージに対する著作権に関して一切責任を負いません。