施術情報
KMHJAPAN
美容外科
脂肪溶解注射
脂肪溶解注射は、メスを入れずに痩身を可能にする新しいスリム術です。施術時間も短く術後もすぐ通常通りの生活が可能なので、忙しくて休みがなかなか取れない社会人の方にも人気の痩身術として注目を浴びています。KMHが紹介する美容整形外科では、外科的症例が多く再手術に強い整形外科がほとんどです。脂肪溶解注射をお考えの方は韓国の実績ある整形外科で美しいボディラインをお作りください。

脂肪溶解注射 - PPC脂肪溶解注射

豆レシチンから抽出した脂肪溶解物質であるフォスファチジルコリン成分が脂肪細胞の結合を壊し、液体のように溶解させる原理です。溶けた脂肪細胞はリンパの循環を通じて小便として自然排出されます。脂肪吸入手術を受けずに同様の効果がみられる非手術的な方法です。

適用部位

食事療法や運動でも効果の無い特定部位(腹部、太もも、腕、胸、ふくらはぎ、お尻、太もも、わきの肉、わき腹)

施術方法

面積や脂肪の厚さによりアンプル1~10個を注射薬にミックスして脂肪層に投与します。

  • 脂肪細胞の結合を壊し脂肪質を溶かして溶けた脂肪はリンパ線に吸収され、汗、小便、あるいは便として排出されるのでリバウンドの心配は殆どありません。
  • 繊維母細胞を刺激して結締組織の再生を誘導するので手術部位の弾力強化効果があります。
  • たるんだ二重顎、二の腕、わき腹、太ももの内側などに効果的です。
  • 施術は簡単で短時間で終わります。
  • 注射後2~3週からサイズダウンが感じられ、6~8週まで持続的にサイズが落ちていきます。
  • 2~3回だけの施術で効果があり、脂肪層が厚い場合、3~4回受ることも可能です。

注意事項

  • 脂肪量が多い方、一度に脂肪細胞が溶解されるため便秘や下痢、血液循環障害、月経過多等の症状が出る可能性があります。
  • 糖尿、血液循環の病気、動脈硬化、豆アレルギー、癌などがある方々は禁止です。

LLD脂肪溶解注射

ヒアルロニターゼという薬で脂肪細胞を破壊させ、セルライトを溶かしてリンパ液の流れを円滑にし、破壊された脂肪細胞と溶けたセルライトがリンパ管を通り、素早く排出されることでボディーラインが矯正できる治療方法です。

適用部位

体重減量しても減らない局所部位の脂肪、リバウンドにより薬品治療にも反応しない肥満

施術方法

  • 施術する部位を診察して、デザインした後、注射液を施術部位に注射投与します。
  • 施術後、マッサージや高周波、中低周波を利用して注射薬がまんべんなく広がるようにします。
  • リンパ液の流れを促進させるので理論的に最も効果が期待できる脂肪分解注射です。

注意事項

  • 治療を受けた後は、菜食にして血液やリンパ管内の脂肪濃度を落とすと、より一層高い治療効果を得られますので施術を受けた後、一週間は菜食だけをして飲み会なども避けて下さい。
  • 持続的な腹式呼吸が必要で、食後に10分以上歩くと、より効果を高めることができます。

HPLレーザー 脂肪溶解術

脂肪を分解する8種類の成分の薬品溶液を利用して浸透圧現象を誘導することで、脂肪細胞を減らし、レーザー/超音波で脂肪を破壊し溶解させて、自然にリンパ管を通じて小便として排出させる方法です。

注意事項

  • 当日は、施術部位が冷たく感じられ若干の震えと目まいが起こる可能性があります。
  • 生理が少し早くなったり、急に生理になる事もあるが、これは副作用ではなく時間が過ぎれば正常に戻ります。
  • HPLは浸透圧現象により、注入した溶液が小便として排出されるので普段よりトイレに行く頻度が多くなります。この時、水をたくさん飲み、運動すれば効果が高いです。

カーボキシーセラピー

人体に全く無害な二酸化炭素ガスを注入することで血液循環を改善する効果があり、ガスの圧力によって頑固な脂肪細胞を閉じ込めている繊維質を破壊するのに最も効果的な治療法です。

適用対象

  • 血液循環障害になっている場合
  • 出産で弾力がなくなった皮膚や、背中の肉が固まっている場合
  • いつも露出する部位に施術を望む場合

施術方法

繊細にプログラム化されて調節された生体ガスを注射針を通じて注入します。

効果

  • 皮膚内に注入されたガスによって血液内から酸素排出が行われて弾力ある皮膚を作って、皮膚の色も改善されます。
    特に出産後の肉われ解消、たるんだ皮膚に弾力をあたえる効果があります。
  • 他の部分肥満除去術の併合療法でシナジー効果も得られます。メゾセラピーやエンダモロジー、脂肪溶解注射などとの併合療法で50%以上、効果を上昇させます。
  • 糖尿病性の潰瘍、バガシー病のような末梢径行障害病や乾癬などにも医学的な治療が可能です。

注意事項

  • 少しあざが出来る場合があります。
  • 妊娠可能な女性や軽症の高血圧、唐尿患者、妊婦、母乳授乳中や子供も施術可能です。

KMHからのカーボキシーセラピーTip!!

食事療法や運動でダイエットをする場合、全体的な体重管理は可能だが選別的に特定部位を攻略することは難しいです。 これに対して脂肪溶解注射療法は腹部や太もも、腕等、特定部位に集中している体脂肪を選択的に減少させることができます。 手術を望まれない方にオススメです。満足度が比較的高いです。

Back to Top

  • 292**** その他相談 [ 相談進行中 ]
  • その他相談 [ 相談進行中 ]
  • yay*********************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • yay*********************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • yay*********************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • yay*********************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • exo***** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • Yos********************* 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • rrr******************* 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • est****************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
最近7日間の相談件数 : 164
Copyright (c) 2014 Korea Medical Hub. All Right Reserved.
KMH(koreamedicalhub)は韓国国内の有能なクリニック情報を提供し韓国医療観光を推進する唯一のグローバルポータルサイトです。
KMHはクリニックが提供する情報とコンテンツ及びイメージに対する著作権に関して一切責任を負いません。