施術情報
KMHJAPAN
歯科
歯列矯正
歯並びが悪くて気になっている方。矯正をしたいけれど人目が気になるし、期間も長くかかるので億劫だと思っていませんか?KMHが紹介する歯科では、矯正専門医が常在しており矯正特有のワイヤーが見えない舌側矯正やインビザライン、矯正期間を早めてくれる急速矯正など様々な方法で患者の希望に合わせた治療を行っています。歯列を正すと外見だけでなく内面的な部分に対して自信が持てるようになります。韓国の歯科で歯列矯正を行い、笑顔に自信が持てるようになりましょう。

歯列矯正

歯列を正しい位置に配列し、正常な機能を回復する機能的な部分だけではなく、全体的な顔の均衡を作り、美しい顔のラインを 作る方法。健康な口腔組織及び美しいラインを作ってくれます。

適応症

  • 歯に隙間がある場合
  • 歯が突出し、口が突出しているように見える場合
  • 八重歯などで歯並びが良くない場合
  • 奥歯は当たるが前歯は完全に当たらない場合
  • 食べ物が噛みにくい場合
  • 発音が不正確な場合
  • 杓子顎、受け口、反対咬合の場合
  • 下顎がずれている場合

施術種類

※施術費用及び施術期間は、矯正の種類と個人差によって異なります。

一般矯正

不正咬合の原因を探し出して成長を予測し, 定期的な治療と計画を立てた後、矯正装置を利用 し歯を移動 させたり、成長している骨の複雑な過程に介入し、成長方向や成長量を変化させる施術。 八重歯や突出杓子顎などのような不正咬合のある場合に一般矯正治療 が可能です。

【メタル矯正】

一般的に一番よく使われている基本的な矯正装置 金属色相なので目立つというデメリットがありますが、費用的な面では一番経済的で管理が容易です。
費用 400万ウォン~

【レジン矯正】

歯の色と類似した材料で作られ装置が目立ちませんが、審美ブラケット(透明色や白いブラケット)を使った矯正より透明度は落ちます。しかし、低強度で歯に損傷を与えないというメリットがあります。
費用 400万ウォン~

【審美ブラケットを使った矯正】

歯の色と類似した材料で作られ、装置が目立ちませんが、ワイヤーは見えます。
金属矯正装置と舌側矯正装置のメリットを折衷した方式で舌側矯正より異物感が少なく、金属矯正装置より審美的です

透明矯正

普通の矯正装置のように歯に付着した形態ではなく、透明になっているマウスピースを利用して歯列を矯正する施術。審美的効果が高く付着する矯正装置に拒否感のある方や会社通いの方に人気のある施術です。既存装置によって誘発しやすい虫歯及び歯茎疾患の発生が減少します。

【一般透明矯正】

審美的効果はありますが、すべての治療に対し適応するとは限りません。
治療後、保正装置として歯に装置を付けず歯列矯正の効果を得られる方法です。他の一般矯正と違って歯を抜歯しないというメリットもあります。

【インビザライン】

従来の類似した透明矯正装置と違って、多様な不正咬合に適用することができます。
最先端コンピュータ技術を応用し、オーダーメイドで製作する 全世界で幅広く利用されている矯正治療方法です。

舌側矯正(裏側矯正)

大人が歯の矯正を戸惑う理由としての一つが、ワイヤーになっている矯正装置のためです。
このような装置は普通1年以上装着しなければならないので、対人関係においては楽でないことは事実です。このようなデメリットを補完するための矯正治療方法が舌側矯正です。 本来、歯の表面に装着した装置を見せないように歯の裏側に装着させる方法です。

【一般舌側矯正】

外部から見えないので社会生活が活発な方に必要な矯正方法

【インコグニート】

患者の歯を精密なシステムを利用して一人一人に完璧に合うように設計した100%オーダーメイド型の舌側矯正システム。但し、インコグニートは正式修了課程を履修した認証医だけ施術可能。

【ハーフリンガル矯正】

第一印象や審美的に重要な役割をする上歯には舌側矯正、下歯には審美ブラケットを使用した矯正で進める矯正治療方式です。

施術後、アフターケア

  • 矯正治療の期間中は自然歯と比べると食べかすや歯垢、歯石の沈着が多いので矯正用歯ブラシ、デンタルフロス、歯間ブラシなど補助用具を使えば清潔な口腔衛生状態を維持することができます。
  • 硬い物、糖分が多く粘度の高い食べ物は歯が虫歯になる確立を高くするだけでなく装置脱落を誘発しやすいのでお控えください。
  • セラミックやレジンでブラケットをした場合、色素が多く入った食べ物や着色しやすい食べ物はなるべくお控えください。
  • 矯正装置が脱落した場合は、矯正力が喪失される可能性が高いのでご来院ください。

KMHからの矯正 Tip

矯正装置により不便を感じる場合は、塩を入れたお湯やうがい薬で数分間、口の中をすすぐと症状を緩和することができます。

【般透明矯正とインビザラインの違う点は?】

あまり目立たなく、矯正装置の脱着がしやすい点は同じですが、インビザラインは特殊強化プラスティックを使用して、2週間ごとに変える 矯正装置の制作が一度で制作されて、歯の型をとるインプレッションをとる過程が1回で終わります。また、インビザラインはほとんどの歯の矯正に使 用可能で、コンピューターで制作過程が自動化されているので一律的な効果を得られて治療結果の予測と歯を動く力の調節も可能ですが、一般透明矯正は主に軽微な不正咬合だけ使用可能です。

【一般舌側矯正とインコグニートの違う点は?】

一般舌側矯正は異物感があるという短所がありますが、インコグニーとは矯正装置の大きさが 画期的に減って発音をするのに、ほとんど差し支えがないのみならず先端ソフトウェアを通じて 非常に精巧に制作されて異物感が少なくすべての不正咬合に使用可能です。 また、患者個人別にオーダーメイドで製作するので、矯正装置が外れる可能性が非常に少ないです。

Back to Top

  • exo***** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • Yos********************* 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • rrr******************* 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • est****************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • san******************** 相談 [ 相談進行中 ]
  • xx.*************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • xx.*************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • xx.*************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • chi******************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
最近7日間の相談件数 : 166
Copyright (c) 2014 Korea Medical Hub. All Right Reserved.
KMH(koreamedicalhub)は韓国国内の有能なクリニック情報を提供し韓国医療観光を推進する唯一のグローバルポータルサイトです。
KMHはクリニックが提供する情報とコンテンツ及びイメージに対する著作権に関して一切責任を負いません。