施術情報
KMHJAPAN
腫瘍外科
大腸癌

大腸癌

大腸癌とは、大腸にできた癌細胞のことで悪性腫瘍のことをいいます。大腸はパイプ形の管で内側から粘膜層、粘膜下層、筋肉層、 漿膜層など4種類の層に分かれており、大部分の大腸癌は大腸の粘膜に発生する腺癌で癌が発生する位置により結腸にできる癌を結腸癌、直腸にできる癌を直腸癌といいます。この他にもリンパ腫、 肉腫 、扁平上皮癌、他の癌の移転性病変などがあります。

原因と誘発要

大腸癌発病の危険要因は、食生活、肥満、遺伝的要因、大腸ポリーブ、炎症性腸疾患、運動不足、飲酒、50才以上の年齢などがあります。

症状

大腸癌は、初期の段階では大部分の場合何の前兆もなく、症状が現れた時には、すでに進行されたケースが多いです。 大腸癌の主な症状は次の通りです。

  • 突然、便秘になるか、排便する回数が変わるなどの排便習慣の変化
  • 血便(鮮紅色または赤黒い色)または、粘液便
  • 便が細くなる
  • 腹部に不快感を感じる(腹痛、腹部膨張)
  • 体重や筋力の減少
  • 疲労感
  • 食欲不振, 消化不良, むかつき、吐き気
  • 腹部に腫れ物などがあります。
  • 貧血

診断

【直腸診】

医師が潤滑剤を塗った手袋をはめて直腸に直接手を入れ、非正常的な塊りがあるかを見る検査。全体大腸癌の35%がこの診断で発見されます。

【糞便潜血検査】

よく大弁検査と称される検査方法で、大弁の血液成分を確認するものです。

【大腸内視鏡検査】

肛門から内視鏡を挿入し、大腸全体を観察する検査方法。大腸疾患の最も正確な診断方法です。

【注腸二重造影検査】

肛門から小さなチューブを挿入し、バリウム造影剤を入れて大腸の内部を空気で拡張させた後、大腸の中の大腸粘膜に異常があるか検査する方法です。

【コンピュータ断層撮影 (CT)下層内視鏡】

肛門から小さなチューブを挿入し、空気または二酸化炭素だけを注入して大腸を膨らませた後に螺旋式電算化断層撮影機を利用して1~3mmの断面映像を撮影する検査方法です。

【陽電子放出断層撮影(PET)およびPET-CT検査】

一般的に癌細胞が正常な細胞に比べて代謝活動が早いという点を利用し、葡萄糖に陽電子放出体を表紙物質を混入したのちに注射し、表紙物質から放出されるガンマ線を通じて癌細胞を発見する検査方法です。

治療

【放射線治療】

高エネルギーの放射線を利用し癌細胞を破壊して、細胞の成長を抑制させる治療方法です。

【坑癌化学療法】

癌を治療するために細胞が成長する周期に合わせて抗癌剤を投与し、癌の成長や増殖を止めるために癌細胞を破壊する治療法です

【内視鏡的治療】

内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD:endoscopic submucosal dissection)は、癌細胞の分化度が良く、癌細胞が血管やリンパ管に移転せず粘膜または粘膜下組織の一部だけに限定されているという条件をクリアした早期の大腸癌の場合に施行します。

手術

【右側結腸切除術】

盲腸、上行結膓、または横行結腸の近衛部に病変がある場合、小腸の一部と盲腸、上行結膓、そして横行結腸の一部までを切除します。 切除後には残った小腸と横行結腸を連結させます。

【横行結腸切除術】

横行結腸の中央部に病変がある場合、横行結腸を全て切除した後に上行結膓と下結腸を連結させます。

【左側結腸切除術】

横行結腸の末端部、非湾曲部位、または下結腸に病変がある場合、この部位全体を切除して横行結腸とS状結腸を連 結させます。

  • ① 前方切除術:S状結腸に病変がある場合、S状結腸を切除して上下を連結させます。
  • ② 低位前方切除術:直腸連結部位や直腸上位部あるいは中尉部に病変がある場合、S状結腸と直腸の一部を切除し、残ったS状結腸と直腸を連結させます。
  • ③ 腹会陰切除術:直腸の中部、あるいは下部に病変がある場合、肛門を含んだ直腸全てを切除し、その後に肛門部位を防いで人工肛門を作ります。

注意事項

大腸癌予防のため、生活習慣で守ってもらいたい事項は次の通りです。

  • 偏食をせず、好き嫌いのない食生活を心掛けてください。
  • 十分な量の新鮮な野菜と果物を摂取しましょう。
  • 標準体重を維持しましょう。
  • 規則的に運動しましょう。
  • 脂肪の摂取を減らしましょう。
  • お酒はお控えください。
  • 禁煙を心がけましょう。
  • 定期検診を通じて大腸癌を早期発見し、除去することが最も重要です。
  • 坑癌化学療法中には歯科治療を受診できません。
  • 治療前には、歯科診察をあらかじめ受けるようにしましょう。
  • 坑癌治療や手術後の副作用への対処方法を知るために、医療スタッフと相談が必須です。
  • 患者が治療中に風邪を引いた場合、免疫機能が低下しているため肺炎が併発するなど深刻な病気に発展する危険性があります。したがって治療中でもインフルエンザ予防接種を受けるのが好ましく、その時は医療スタッフと相談するようにしてください。
  • 大腸癌治療後の社会生活、軽い運動、外食および旅行、夫婦関係(避妊を薦めます)等は医療スタッフの特別な指示がない限り継続しても問題ありません。 適切な休息時間を持ちながら、疲労を溜めないように気をつけましょう。
  • 癌診断、治療、治療からの副作用などの段階に至るまで、癌患者の感情には起伏の変動が起こります。感情的変化と精神的ストレスの管理のため、必要時には専門的なフォローを受けられるよう関連情報を熟知しておきましょう。
  • 定期的な検診で身体の状態を把握し、治療関連注意事項を熟知するように心がけましょう。

Back to Top

  • 292**** その他相談 [ 相談進行中 ]
  • その他相談 [ 相談進行中 ]
  • yay*********************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • yay*********************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • yay*********************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • yay*********************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • exo***** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • Yos********************* 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • rrr******************* 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • est****************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
最近7日間の相談件数 : 164
Copyright (c) 2014 Korea Medical Hub. All Right Reserved.
KMH(koreamedicalhub)は韓国国内の有能なクリニック情報を提供し韓国医療観光を推進する唯一のグローバルポータルサイトです。
KMHはクリニックが提供する情報とコンテンツ及びイメージに対する著作権に関して一切責任を負いません。