施術情報
KMHJAPAN
泌尿器科
前立腺センター
尿道から侵入した細菌が前立腺に感染し起こる前立腺炎は、思春期以降の男性なら年齢に関わらず誰にでも起こりうる症状です。残尿感があったり、尿道から膿のようなものがでたり、血尿などがある場合は必ず泌尿器科を訪れなければなりません。まずは前立腺炎について調べましょう。

前立腺センター

前立腺は精嚢、睾丸と共に生殖を可能にする性付属機関の一つで、精液の液体成分の約1/3程度を生産します。その生産された前立腺液は精子に栄養を供給し、射精された精子を固まらないようにして精子の運動性を増進させ精子の受精能力を高めてくれます。

【前立腺炎】

前立腺炎は前立腺に起こる炎症で、膀胱炎、尿道炎、扁桃腺炎など身体の他の部位でできた炎症からの細菌によって発生します。

【前立腺肥大症】

前立腺肥大症というのは、前立腺の非正常的な以上増殖によって、膀胱出口で尿の排出障害があり、これにより下部尿路の症状がすべて表れることを言います。

【前立腺癌】

前立腺で発生する悪性腫瘍です。

適応症

  • 悪寒、腰の痛み、会陰部および直腸の痛みがある方
  • 突然、強く尿意を感じ我慢できない尿切迫
  • 一日8回以上の頻尿、排尿困難
  • 突然、尿が詰まる急性尿閉
  • 夜間の睡眠時、排尿を頻繁にする夜間の激しい多尿
  • 射精の時、痛みが発生する場合
  • 排尿の開始が遅い場合
  • 排尿の終わりまたは、排尿直後に小便が滴々落ちる方

前立腺炎の治療

【薬物療法】

前立腺炎と診断された大体の患者たちから、一次的な治療として使用される治療法です。
他の治療に比べて費用が安いですが、前立腺炎の薬物治療は比較的に他の疾患に比べて長期間になります。治療薬物は前立腺炎の原因と症状により異なりますが、一般的に細菌性前立腺炎は6-8週ぐらいの治療期間が必要です。細菌性前立腺炎の場合、抗生剤治療法が最も効果的です。

【抗酸化療法】

ビタミンC、ビタミンB1,ビタミンBS,ビタミンB6,ビタミンB12,GLUTATHIONE,A-ライポイクサン、マグネシウムを血管注射方法で、一週間に2~3回、計10~20回程施術し、施術時間は約1時間くらいです。

【前立腺RF凝固術 (TU-RF)】

慢性難治性前立腺炎手術に適合しており、前立腺内部の局所炎症反応を回復させ、痛みを誘発する前立腺の求心性神経繊維に変化を与えて、痛みを和らげます。

前立腺肥大症の治療

【薬物療法】

前立腺筋肉を弛緩させるアルファ遮断剤や、前立腺の大きさを減らす抗男性ホルモン剤が最も多く使われています。

前立腺肥大症の手術療法 (3~10日入院)

【経尿道前立腺切除術】

尿道を通して内視鏡を入れ、肥大した前立腺組織を除去する方法で硬膜外麻酔や全身麻酔などが必要なので入院して施行することになります。

【開腹前立腺摘出術】

前立腺がとても大きかったり、膀胱結石に伴う前立腺肥大症などの特殊な場合に施行します。内視鏡を利用しないで直接、手術用メスを使って前立腺を摘出します。症状が好転する可能性も高いですが、勃起不全や逆行性射精など他の合併症の発生頻度も高いです。

【レーザー療法】

前立腺血管内にレーザーがピンポイントに吸収されることで優秀な止血効果があり、手術当日に退院が可能です。手術後の痛み、また前立腺むくみなどの副作用が少ないため、手術後1~2日くらいで正常の排尿が可能になります。

  • ① KTPレーザー :中等前立腺肥大症の場合(60g以下)
  • ② HPSレーザー :巨大前立腺肥大症の場合(80g以上)
【前立腺癌】

前立腺癌の施術法

【根治的前立腺摘出術】

前立腺癌の完治を目的に、前立腺と周囲機関(精嚢、精管、膨大部、膀胱頸部を一部除去します。恥骨後部を通じる方法と肛門周囲の会陰部を通じる方法があります。

【冷凍手術法】

細胞破壊の原理を利用したもので、癌細胞を超低温で急速に凍らせて破壊させる方法です。

【放射線治療】

高エネルギーの放射線を利用して癌細胞を破壊する方法で、早期前立腺癌または、局所的に進行した前立腺癌に対し手術の代りに適用したり、手術後に残っている癌組織を除去する目的で使われています。一般的に週5回(一日1回)調査して5~6週ぐらいの治療期間を要します。

副作用

放射線治療後の全身疲労感、調査部位皮膚の発赤、痛み、脱毛と排尿痛、頻尿、下痢、直腸出血、勃起不全など

【高密度焦点式超音波 (high intensity focused ultrasound:HIFU)】

前立腺に限定された癌から硬直腸を通じて強力な超音波を前立腺に集中させ、凝固、懐死させ前立腺癌を破壊する治療法です。

【ロボット手術(ダヴィンチロボット)】

ロボットを利用した手術法で、立体視野を使い手術者の手首動作と同じようにロボットの腕を動かせますので、既存の腹腔鏡手術では出来なかった動作が可能です。その他にも治療方法は多様です。

KMHからの前立腺TIP

初期の前立腺癌は、特に目立った症状がなく、早期に診断するのが難しいので、2/3程度はすでに進行された状態で見つかる場合が多いです。 この時、すでに癌細胞が脊椎や骨に転移されていて、その部位の痛みで訴える場合もあり、癌の塊りが大きくなった場合、前立腺肥大症と同じように排尿トラブルを起こすこともあります。

  • 規則的な温水座浴は前立腺と周囲筋肉と血管を弛緩させる効果により、筋肉の収縮で不快感や痛みを緩和効果があります。
  • 食事療法(辛くて塩分の高い食べ物は避けます。)
  • コーヒーなどのカフェインの摂取量を減らします。
  • お酒は炎症を悪化させます。
  • 肉類にある動物性脂肪は前立腺疾患に良くありません。
  • トマト、クランベリージュースなど緑黄色の野菜、緑茶などがお薦めです。
  • 圧痛部位(tender point)を探してマッサージをすれば痛みが緩和される効果があります。

Back to Top

  • exo***** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • Yos********************* 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • rrr******************* 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • est****************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • san******************** 相談 [ 相談進行中 ]
  • xx.*************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • xx.*************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • xx.*************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
  • chi******************** 美容/整形相談 [ 相談進行中 ]
最近7日間の相談件数 : 166
Copyright (c) 2014 Korea Medical Hub. All Right Reserved.
KMH(koreamedicalhub)は韓国国内の有能なクリニック情報を提供し韓国医療観光を推進する唯一のグローバルポータルサイトです。
KMHはクリニックが提供する情報とコンテンツ及びイメージに対する著作権に関して一切責任を負いません。